FC2ブログ
04/20/2014    槍って色々あるけど
ゲームの世界で必要不可欠とも言えるのが武器。


様々なゲームの武器の中でも私が割りと好んで使っているのは槍。


槍が好きなんだよ(´・ω・`)


なんでかって(´・ω・`)?


ほら、僕の股間にも立派な槍がね。


えっ、ダガー?たたたたたったたた短剣ちゃうわ!









まぁ、そんな話はおいといて。


槍ですよ槍。


有名どころといえばグングニルとかゲイボルグとかロンギヌスとか(´・ω・`)?


アニメやゲームで聞いた事や見た事がある人も多いでしょう(´・ω・`)!


ヴァジュラとかトライデントも槍でしょ(´・ω・`)?









ぶっちゃけどれが強いの(´・ω・`)!







いやまぁ、比べようが無いと思うんですけどねw


多分どっかの神話から取ってきたんだと思いますけど(´・ω・`)


そう思いますしわくわくするよねー(´・ω・`)


気になる私は、暇という最大の武器を使い調べたのです(´・ω・`)


転載元、主にwiki。




ゲイ・ボルグ
ゲイ・ボルグ(Gae Bolg)は、ケルト神話に登場する槍。
ゲイ・ボルガ(Gae Bolga)、ゲイ・ブルグ(Gae Bulg)、ゲイ・ブルガ(Gae Bulga)ともいい
「Gae」は「ガエ」とも転写される。

2頭の海獣「Coinchenn」と「Curruid」が争い、
敗れた方の骨をつかってボルグ・マク・ブアインがこの槍を作り上げた。
その後、影の国の女王スカアハによって若きクー・フーリンに授けられる。

ゲイ・ボルグは銛のような形状をしており、投げれば30の鏃となって降り注ぎ、突けば30の棘となって破裂する。
その為この武器を紹介するときに銃の項目でなされることもある。
クー・フーリンはこの槍を足を使って投擲したと言われており、
ゲイ・ボルグを槍の名ではなくこの投擲法の名とする説もある。




グングニル

グングニル(古ノルド語: Gungnir)は、北欧神話の主神オーディンが持つ槍。
日本語ではグングニール[2]とも表記される。その名は古ノルド語で剣戟の響きの擬音を意味する]。

ドヴェルグの鍛冶、イーヴァルディの息子達によって作り出され
オーディン、トール、フレイに品定めされた後、オーディンへ渡された。

決して的を射損なうことなく、敵を貫いた後は自動的に持ち主の手もとに戻る。
また、この槍を向けた軍勢には必ず勝利をもたらす。

穂先にはルーン文字が記されている。柄はトネリコで作られている]。




聖ロンギヌス

聖ロンギヌスは、イエス・キリストがイスカリオテのユダによって裏切られ、
ゴルゴタの丘で磔になった際に、イエスの生死を確かめるために(処刑するためにとも言われる)
その左脇腹に槍を突き刺したローマ人の百卒長。

福音書のいずれにも、この者の名前は記されておらず、
外典の1つ『Acts of Pilate』にその名前を見出すことができる。

彼は盲目(もしくは目が不自由、白内障とも)で、
イエスの脇腹を槍で刺した際にイエスの血が眼に入り視力を取り戻した。
このことから彼は改心、その後洗礼を受けたとされる。



ブリューナク
ブリューナク (Brionac) は、ケルト神話に登場する武器。
ブリューナクとは「貫くもの」の意味であり、
トゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)の太陽神ルーが所持するとされている[1]。
穂が5本に分かれており、5つの切っ先から放たれた光は一度に5人の敵を倒したと言われている[1]。

その能力は「必ず勝利をもたらす」だとか「投げると稲妻となって敵を死に至らしめる灼熱の槍」などと言われ、
生きていて意思を持っており、自動的に敵に向かって飛んでいくとも言われる。

投石器もしくは投石器から発射される弾(タスラム)だったという説もあり、
ルー自身の祖父である「魔眼のバロール」の目を貫いて倒したのもこのブリューナクであるとする解釈もある。












わ・・・わからん(´・ω・`)




意外とロンギヌスが弱そう・・・(´・ω・`)


あれ・・・、そういえば・・・


槍に拘ってたけど、槍以外の


エクスカリバーとかバルムンクとかそういうのはどうなんだろう・・・(´・ω・`)








転載元、主にwiki



エクスカリバー
エクスカリバー(英語: Excalibur)は、アーサー王伝説に登場する、アーサー王が持つとされる剣。
魔法の力が宿るとされ、ブリテン島の正当な統治者の象徴とされることもある。
同じくアーサー王伝説に登場し、
アーサーの血筋を証明する石に刺さった剣と同じものとされることがあるが、別物とされることもある。

デュランダル
デュランダル (Durandal) は、フランスの叙事詩『ローランの歌』に登場する英雄・ローランが持つ聖剣の名前。
イタリア語読みでドゥリンダナ (Durindana) とも読まれ、デュランダーナとも呼ばれる。
不滅の刃の意。

グラム

グラム (Gram) は北欧神話に登場する剣。
その名は古ノルド語で怒り[1]を意味する。
オーディンからシグムンドへ与えられ、後に息子のシグルズに受け継がれた。
石や鉄も容易く切り裂いたといわれている[2]。
鍛え直された後の長さは7スパン(およそ140センチメートル)あった[3]。
『ニーベルンゲンの歌』のバルムンク、『ニーベルングの指環』のノートゥングのモデルとされる。

フルンティング

フルンティング (Hrunting) は古代イングランドの叙事詩『ベオウルフ』に登場する剣。
巨人グレンデルを仕留め、次いでその仇をとりにきたグレンデルの母親との戦いに挑む主人公のベオウルフに、
フロースガール王の廷臣ウンフェルスが貸与した。
古より伝来する名剣で、長い柄を持ち、刀身は血をすするごとに堅固となるという。
その剣は強い力を宿しており、それを使って失敗する事がなかったという。

アロンダイト

アロンダイト(英語: Aroundight[1], Aroundyȝt[2]伊語:Altachiara)とは、
中世イギリスの騎士道物語詩に登場する剣である。

エッケザックス

エッケザックス(独:Eckesachs)とは、北欧神話に登場する剣である。
エッケザックスは小人に頑丈に鍛えられ、数々の戦を無傷のまま戦い抜いた。
初めは巨人エッケが使用していたが、エッケがベルン王ディートリヒとの戦いで敗れたため、
ディートリヒがエッケザックスを奪った。それからはディートリヒが使用するようになった。

ダーインスレイヴ

ダーインスレイヴ(Dáinsleif、ダインスレイフとも)とは、北欧の伝承に登場する魔剣。
一度鞘から抜いてしまうと、生き血を浴びて完全に吸うまで鞘に納まらないといわれた魔剣の代表格。
その名前は「ダーインの遺産」という意味である[1]。ダーインとはドヴェルグの一人である。
ダーインスレイヴは『スノッリのエッダ』の『詩語法』に登場し、ヘグニが持っているとされる。

ティルヴィング
ティルヴィング[1](Tyrfing)は北欧の古エッダ、サガに登場する魔剣[2]。
オーディンの血を引く王、スウァフルラーメがドヴァリン、ドゥリンという二人のドヴェルグを捕らえ、
命を救うのと引き換えに黄金の柄で錆びることなく鉄をも容易く切り、狙ったものは外さない剣を作るように命じた。
ドヴェルグたちはこの要求を飲み剣を鍛えた。
しかし彼らは去り際に、この剣が悪しき望みを3度は叶えるが持ち主にも破滅をもたらす呪いをかけたことを明かし、
岩の中へ逃げ込んだ。
スウァフルラーメはティルヴィングを帯びて戦場におもむき勝利した。
しかしアルングリムと戦ったときに剣を奪われ、これで刺されて命を落とした。
その後アルングリムの息子アンガンチュールに受け継がれたが持ち主や近親者がこの剣により死んだ。

ミョルニル

ミョルニル(古ノルド語:Mjǫlnir, Mjöllnir ミョッルニルとも。
IPA:[mjolnər])とは、北欧神話に登場する神トールが持つ鎚(ウォーハンマー)である。
名称は古ノルド語で「粉砕するもの」を意味し[1]、思う存分に打ちつけても壊れることなく
投げても的を外さず再び手に戻る、自在に大きさを変え携行できるといった性質を持つが、
柄がかなり短いという欠点もあった[2]。
再話ではミョルニルはしばしば真っ赤に焼けているとされ、
これを扱うためにはヤールングレイプルという鉄製の手袋が必要だとされる[3]。

レーヴァテイン
レーヴァテイン(古ノルド語:Lævateinn)とは、北欧神話に登場する武器である。
北欧神話の原典資料においては、
世界樹の頂に座している雄鶏ヴィゾーヴニルを殺すことができる剣(正確には剣とさえ明言されていない)で、
「狡猾なロプトル」(ロキ)によって鍛えられ、女巨人シンモラが保管している、という程度の記述しかない。

バルムンク
バルムンク(Balmung)は、『ニーベルンゲンの歌』に登場する剣。
幅広で、黄金の柄には青い宝玉が埋め込まれ、鞘は金色の打紐で巻き上げられていた[1]。
北欧神話のグラム、『ニーベルングの指環』のノートゥングに相当する。
ジークフリートが使用。








ますます分からん(´・ω・`)





しかもこれ海外の神話伝説に登場する武器達なんですよね(´・ω・`)


となると・・・


日本のものも大量にあると(´・ω・`)



















村正とか村雨とか天叢雲剣とか・・・(´・ω・`)










やめよう(´・ω・`)


これ以上調べるのはやめよう(´・ω・`)










日本の武器多すぎて眩暈したのでやめよう(´・ω・`)


やっぱり日本人って昔からそういう創作とか厨二要素大好きなのかもね(´^ω^`)


見てると楽しいですけど結局どれが強いのかわからんす・・・(´・ω・`)


ゲームによっても位置づけ違いますしね(´・ω・`)


個人的にはグングニルとかレーヴァテインが最強クラスってイメージありましたけど


説明読んでるとそんなでもないね(´・ω・`)


そんな感じでずーっと緊急待機している間にこんなのを読んですごしていたのでした。


最近は本当にブログ書くのが楽しい(´・ω・`)


好きな時間に出来るライティングの仕事ねぇかな・・・(´・ω・`)


オフィシャルな文章も書けるよ僕(´・ω・`)


ふぅ・・・('ω'`)


ではでは今日のところはこの辺でヽ(*´∀`*)ノ


ヾ(*・ω・)ノ
ブログランキング ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ 1日1ポチ(´・ω・`)?
Secret

TrackBackURL
→http://nekomanmakabusikigai.blog26.fc2.com/tb.php/1383-2b40a4c6