引き続きネタバレ多数なので閲覧には注意してください。

それではおっけーな方のみ続きからどうぞ。



前編
http://nekomanmakabusikigai.blog26.fc2.com/blog-entry-1393.html



おっけー(´・ω・`)?









おっけーね(´・ω・`)?











ではいくお(´・ω・`)





クーナのファインプレーによって絶対令【アビス】の洗脳が解けたアークス一同。


そんな中、今回の黒幕とも言えるルーサーから、レギアスに1本の連絡が入った。


通信の内容は冷酷なもので、レギアスを含む三英雄と私達側偶数番の始末を意味するものだった。


ルーサーは、六芒均衡の五クラリスクレイスのクローンを多く所持していた。


そのクローンを私達に仕向けたのだった。



PSO2ep5032.jpg






PSO2ep5033.jpg







その光景を見て恐怖に表情をゆがませるクラリスクレイス。












PSO2ep5034.jpg








恐怖に表情を歪ませ、それでも尚助けを求めたその人物は・・・。



仲の良かった、六芒均衡の六、ヒューイだった。



PSO2ep5035.jpg





そして、無慈悲にもクローンから襲い掛かる多数のテクニック。



ゼロ「あ・・・あぶない・・・(´・ω・`)!」
















ヒューイ「オレを呼んだかクラリスクレイス!!」



PSO2ep5036.jpg



彼女の助けにすぐさま反応し、クローンのテクニックを全て打ち落とすヒューイ。

敵対するしかなかった2人は、再びこうして護りあう事ができたのだった。










ゼロ(・・・)

ゼロ(かっこよすぎるまじで・・・)

ゼロ(ヒューイ主人公だよもう・・・)




前編に引き続き置物のゼロは、2人を見ていることしか出来なかった。







PSo2ep5037.jpg


PSo2ep5038.jpg



そして、ヒューイがレギアスに向けて放った言葉。

それはハイテンションだけが取り得のような只管に明るいヒューイが初めて見せた静かな怒りだった。








その事に気持ちを動かされたのか

アークスという形を保つ為に、平和を保ち護るために

ルーサーに従い必死になっていたレギアスもまた自らの意思で動き出す。




PSo2ep5039.jpg



ゼロ「あっ!」

ゼロ「はい(´・ω・`)!」




ゼロ(忘れられてなくて良かった・・・。)











そうして、ゼロは再びマトイと共に進行を開始した。



道中で襲い掛かるクローンにダーカー達を退け、進み続けた。



そして、今度はあの人物が2人の前に立ちはだかった。







PSo2ep5040.jpg







ゼロ「テオドール・・・(´・ω・`)」


ゼロ「随分見た目も変わってしまって・・・(´・ω・`)」


ゼロ「女性向け恋愛シュミレーションゲームの攻略対象みたいな格好になってんじゃん・・・」


ゼロ「ゼロさんは悲しいよ(´・ω・`)」












ルーサーとの約束で、ゼロを通すわけにはいかない

そう言い、テオドールは弱弱しい敵意を向けてくる。



PSo2ep5041.jpg



PSo2ep5042.jpg



ゼロ「ておどーる・・・(´;ω;)」


ゼロ「でもね、こういう展開は結構あるけども。」


ゼロ「それで生き返ってハッピーエンドっていう展開は見たこと無いよ(´・ω・`)」


ゼロ「数多のゲームをアニメを見てきたゼロさんが言うんだから間違いないよ・・・(´・ω・`)」







ゼロ「それにもうウルクは・・・」










そう、伝えようとしても襲い掛かってくるテオドール。


マトイとゼロはその攻撃を交わし、テオドールをねじ伏せた。






ゼロ(悲しきかな相性の差・・・)

ゼロ(近接だったら苦戦するのかな・・・)






崩れ落ちたテオドールは自ら利用されている事など知っていると口にした。

しかし、それでも尚、止まれない。

そんな悲しい言葉を綴るテオドールを遮る様にして1つの声が背後から聞こえた。








ウルク「テオドール!!!!」







ゼロ「あっ!」

ゼロ「これはまたゼロさん置物タイムの予感。」








そうして、テオドールに駆け寄ろうとするウルクだったが

錯乱したテオドールはウルクを幻影だと言い出し、テクニックをウルクに向かって放つ。

直撃し、傷だらけになっても尚、テオドールのそばに駆け寄ろうとするウルク。






そして、遂に2人が再びその場所で出会えたのだった・・・。




2014y04m30d_082514986.jpg






ゼロ「うぅ・・・(´;ω;)」





PSo2ep5043.jpg







ゼロ「うぅ・・・・・・・(´;ω;)!」







2人は絆を確かめ合うかのように

何度も何度もお互いの名を口にし、そして2人共に気を失ったのだった・・・。







ゼロ「泣けるわね(´・ω・`)」




そして、その場は駆けつけたサラに任せ。

ゼロとマトイは・・・

遂にマザーシップ中核の最深部へと・・・たどり着いたのだった。








PSo2ep5044.jpg











そして、たどり着いたその場所にはルーサーが半裸のシオンを拘束していた。








ゼロ「変態だーーー( ゚ω゚ )!!!」

ゼロ「マトイちゃん見ちゃいけません(*´ω`*)!!」







そうして、興奮するゼロを他所にルーサーは語り始めた。



PSo2ep5045.jpg






そうして、ルーサーによって明かされたシオンの正体。






それはマザーシップという、巨大な移動惑星を演算する存在だったのだ。

元々、生命を生む事ができる水だけの惑星そのものだった彼女は宇宙の観測者であった。

そして「アークス」「ダーカー」を生んだ「フォトナー」の存在を知ったシオンは、

それに興味を惹かれ、それが成すことを見届け、共に歩むために巨大な移動惑星となったのだと言う。








ゼロ「そういう・・・事だったのか・・・(´・ω・`)」 ←あんまり良く分かってない。









PSo2ep5046.jpg


PSo2ep5047.jpg







状況をイマイチ飲み込めていないゼロに、シオンの力を手に入れたルーサーの力が襲い掛かる。

ゼロの周囲の重力を操ったのだ。






PSo2ep5048.jpg




ゼロ「な゛ぁん゛!!!!」 


ゼロ(あぁ・・・そういうことか・・・状況がやっと全部理解できた・・・)


ゼロ(この惑星がルーサーの手中にってことか!)




アークスシップの制御が全てルーサーに奪われ

アークスシップは大パニックとなった。




そして、シオンは完全にルーサーに取り込まれてしまった。



ゼロ「オワタ(´・ω・`)」

ゼロ「良い人生だったよ(´・ω・`)」

ゼロ「・・・」







そして、突如現れる選択肢。




1、諦めずに立ち向かう
2、このままでは終われない
3、ここまでなのか・・・





ゼロ「・・・」









→1、諦めずに立ち向かう








ルーサー「なんだ?まだ歯向かう気かい?」

ルーサー「アークスは本当に無駄な努力が好きで困るね。」

ルーサー「最後にはその往生際の悪さが彼女まで伝染していた・・・。」

ルーサー「本当に迷惑なんだよ。」



ルーサー「・・・理解できないな、既にシオンはいないんだぞ?」

ルーサー「一体何が君を揺り動かす。」






1、約束をした
2、これで終わりにはさせない
3、・・・わからない





ゼロ「(`・ω・´)!」





→1、約束をした






ルーサー「シオンとの約束?先に行かせてくれた皆との約束?」

ルーサー「どちらもくだらないね。」

ルーサー「そんなもの、全知の前には等しく無価値だというのに。」










???「いいや・・・、全知こそくだらない。」



突然聞こえるその声は、紛れも無くシオンのものだった。




シオン「あの時言えなかった、あなたへの最後の依頼だ・・・。」




シオン「私をその手で・・・殺せ。」


シオン「今この時しかない・・・」


シオン「ルーサーが私と1つになろうとしているこの時しか、ないのだ。」








ゼロ「・・・(´;ω;)!」






シオン「たとえルーサーが残ろうとも、内に居る私さえ消えれば彼の目的は全て潰える」

シオン「お願いだ、私の知る最後のアークス、私の依頼を聞いてくれ・・・。」




ルーサー「バカな事はよせ、シオン!」

ルーサー「君が死ねば、全てが終わる!オラクルとはそういうものだ!君ありきのものだ!」


シオン「だがこのままでも、アークスは死ぬだろう?そういう天秤の話ではないよ」

ルーサー「そんな事をすれば、どうなるか分かっているのか!」

シオン「ルーサー・・・、何を今更、未来とは何が起こるかわからないから楽しいんじゃないか・・・」






そうして、ゼロのシオンを殺す戦いが始まった。


ルーサーは自身に壁を張り、重力を操り攻撃をしてくる。


戦闘は激戦となったが、マトイが弱点を見抜き辛くも勝利を収める事ができた。





嘆き叫ぶルーサー。

そして、シオンを失ったオラクルはどうなってしまうのか・・・。

そう考えていたその時、アークスシップからの制御が回復したとのアナウンスが入った。








PSo2ep5049.jpg



PSo2ep5050.jpg







ゼロ「シャオくん(´・ω・`)!!!」




ゼロ「そうか・・・そういうことだったのか・・・(´・ω・`)」




機能を喪失したマザーシップ「シオン」に代わる新たなマザーシップとして

シャオが出現したのだった・・・。









ゼロ「ふっふっふ・・・(´・ω・`)」

ゼロ「形勢逆転じゃないですか( ´艸`)!」





しかし、怒り狂うルーサーはダーカーに変貌を遂げていく。

そして、彼の手から放たれたテクニックを直撃してしまうゼロ。







ゼロ「痛い・・・(´;ω;)」







ルーサー「死ねぇええぇぇえぇ!!!」











ゼロ「ぎゃああぁぁああぁあぁぁあぁ( ゚ω゚ )!!!!!!!」





キン・・・!




金属音と共にルーサーは仰け反っていた。

ゼロが目を開け顔を上げると、そこには大好きなあの子がいたのだった。





PSo2ep5051.jpg



ゼロ「きゃーーーー(*´ω`*)!!!」

ゼロ「惚れちゃう(*´ω`*)!!!!」






続いて、あの先輩も駆けつけてくれた。







PSo2ep5052.jpg




ゼロ「きゃーーーーヽ(*´∀`*)ノ」

ゼロ「いけめーんヽ(*´ω`*)ノ!!」







そして、ルーサーはそのまま怒りを増長させ。

ダークファルス【若人】や【巨躯】と似た風貌となり【敗者】となった。










更に力を増幅させた【敗者】は・・・。


PSo2ep5053.jpg



ファルス・アンゲルへと変貌

最終戦が始まった。












ゼロ「長い・・・」

ゼロ「本当に長かったこの戦いに終止符を・・・打つんだ(´・ω・`)!」








PSo2ep5054.jpg


ゼロ「いきなりクーナが死んじゃったー(´;ω;)!!!」





ゼロ「なんだこいつ強い!」

ゼロ「とりあえずは動きをしっかり見れるGuできたんだ(´・ω・`)!」

ゼロ「サブはHuじゃなくて間違えてBrにしてきちゃったけど!」

ゼロ「いけるはず(´・ω・`)!」






ゼロ「大丈夫!モーションを覚えるんだ(´・ω・`)!」



ゼロ「こうやって動きをよくみ・・・」










その瞬間、ゼロは死んでいた。



なぜ死んだのか、何で死んだのかは理解できなかった。

ただ覚えている事、それは1発で1300というダメージを受け

即死したと言うことだけだった・・・。












ゼロ「まだ終わらんよ(´・ω・`)!」









しかしゼロはこんなこともあろうかとひそかに持ってきていたハーフドール(課金アイテム)があったのだ!

こんな時くらいしか使い道の無いハーフドールだったが、まさか本当に使う事になるとは。


そんな事を思いながらも攻撃を続け・・・。








遂に撃破に成功するのだった。








ゼロ「や・・・った・・・(´・ω・`)」






しかし、【敗者】はまだ力を残していた。

これまでか、と諦めかけたその時。




シオンとフォトナーの意思達が【敗者】を拘束した。


その隙に乗じて、ゼロ達はその場を脱出した・・・。


シオンから最後に伝えられた、思うが侭に未来へ走れ・・・という言葉を胸に刻み・・・。
















・・・。



その出来事から数日。

アークスシップは平和を取り戻し。

いつもの日常がそこにはあった。




だが、まだアークス達の抱える問題は山積み。

近い未来に再び戦場へと赴く事となるだろう。

しかし、今だけは皆で手に入れたこの平和を・・・

満喫しようと思うのだった・・・。







ゼロ「んー・・・GO!こい!」





ドゥドゥ「素晴らしく運が無いな君は(笑)」




ゼロ「しね(´・ω・`)」





fin.







はい(´・ω・`)!

そんな感じで新しく追加されたストーリー!

終わりましたね(´・ω・`)!

すげぇ面白かったですよ・・・。

具体的に言うとヒューイがかっこよすぎて本当に泣きそうでしたわ(´・ω・`)

やっぱNPCが良い味出してるゲームは面白いっすわ(´・ω・`)

ぶっちゃけネトゲでストーリーって気にしないタイプなんですけど

これはマジで面白かったです(´・ω・`)

まだまだ伏線はありますし、完結するのはまだ5年以上かかるのかなぁと思いますw

いやぁ、本当に楽しみです(´・ω・`)

ニコニコ超会議でちょこっとこの先をネタバレしたそうですけど

マジか(*´ω`*)!

ってなるような内容でしたね(´・ω・`)!

次が出るのがいつになるのか分かりませんが本当に待ち遠しいです(´・ω・`)!

そんな感じで今日のところはこの辺でヽ(*´∀`*)ノ

ストーリーやっていない方が居ましたら絶対やりましょうね(´・ω・`)!

面白いですから(´・ω・`)!

ではでは( ´艸`) ブログランキング ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ 1日1ポチ(´・ω・`)?
Secret

TrackBackURL
→http://nekomanmakabusikigai.blog26.fc2.com/tb.php/1394-a2d5845d