02/08/2016    命の選択。


本日はゲームとは全く関係がない記事となりますが、ご了承ください。

私を含めた、家族が今1つの選択を迫られています。





それは、ペットの手術を行うか、行わないかの選択です。

凄く凄く難しい選択となっていて答えが中々出ない現状ですので

お時間のある方は参考までに、投票していってくださるとありがたいです。




ただし、投票結果によって選択を決めようという気はありませんので

その点は重みに感じずに頂けると幸いです。










まず、我が家の最後のうさぎさん、きなこ君のことなのですが。

数日前に睾丸が左右で大きさが違うなと思いました。

色々と調べてみると、精巣腫瘍の可能性が高いと思い、動物病院へ行くことにしました。

しかし、困ったことにきなこ君は超がつくほどの臆病さん。

以前、健康診断に1度だけ動物病院に連れて行ったときには

診察室で暴れ周り、健康診断は一切できずに帰ってきたくらいです。

それから一切の病気はなく、9歳半といううさぎでいえばかなりの高齢になりました。

それでもなんとか本日動物病院へ連れて行くと案の定、怯えきって大変

なんとか触診のみはできたのですが、お医者さんが言うにはやはり切除が必要だとのこと。





本来なら簡単な手術なのですが、いろんな事柄がありとても難しい状況になってしまいました。








まず、第一にかなりの高齢であることから

麻酔の段階で死んでしまう可能性があります。

それに加えこの臆病さです、手術のストレスは半端なものではありませんから

手術が成功したとしても、そのままストレスで死んでしまう可能性もあります。

ですので、このまま手術をしない選択もありだとのこと。

しかしそれだと1年は持たないだろうというのです。

現状は健康そのものでありますが、放置や投薬で治る病気でもありません。

このまま手術せずに過ごしたとしても、いつかは痛みがくるかもしれない

そうなった場合はお薬等は出してくれるそうです。

しかし、そうなると毎日の投薬が必要になります。

きなこ君、唯一の楽園ともいえる自宅でも嫌な投薬生活が始まれば

またストレスで死ぬかもしれません。




手術すれば、明日死ぬかもしれないし、成功したとしても近日や数ヶ月で死ぬかもしれない。

でも1年、2年生きる可能性も残されているし。


手術しなければ、とりあえず数ヶ月は生きていられる。

でも1年は持たない、そして最後は辛いかもしれない。







と、現在このような状況になっていて答えが出ません。

どちらをとってもきなこ君は大変な思いをすることでしょう。

それを思うと尚更答えがでないのです。

皆さんがこの状況ならどうするでしょうか?

先生が言うには正解は無いとのこと。

どちらを選んでも正解だそうです。




高齢が故のこの選択、うさぎの9歳半は人間でいうと90歳程らしいです。

現在5歳や6歳だったら即断で手術していたと思います。

ここが寿命と捕らえるべきか、病に立ち向かい命を散らす覚悟をするべきか。

皆さんの1票をお待ちしております。








無料アクセス解析

ブログランキング ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ 1日1ポチ(´・ω・`)?
Secret

TrackBackURL
→http://nekomanmakabusikigai.blog26.fc2.com/tb.php/1951-10329789